カテゴリ:music( 45 )   

ISAO SASAKI   

最近ふと思って、昔よく聴いていたピアニストのISAO SASAKIは今何をしているのだろうかと思い、ぐぐってみた。

ほとんどサイトのヒットがなく、唯一公式サイトをみるかぎりでは、主に韓国で活動をしているらしい。

はて、なぜ韓国?

いろいろしらべてみると、
冬ソナをはじめ韓流ドラマの主題歌、挿入歌を作っている韓国の作曲家は皆、ISAO SASAKI に影響を受けているとある。
韓国ドラマに少しハマったこともあるが、全く気がつかなかった・・

たしかに曲層がちがいのはある。ISAO SASAKIは全体的に叙情詩的なせつな的な雰囲気があるため。
5月の梅雨の時期になるとよくきいていたものだ。

気がつかなかったのは、ISAO SASAKIはたいてい曲中に低音部を使って引き締めることがあるが、韓国ドラマの挿入歌にはそれがない。

JR新宿駅と渋谷駅の発車ベルもISAO SASAKIとなっているので驚いた。

iTunes now : Muy Bien / ISAO SASAKI
[PR]

by cageseye | 2010-10-09 17:31 | music

King of Pop = Michael Jackson   

Dangerous Tour 1992 だったかな。

東京ドームのアリーナでみましたが、とにかくすばらしいパフォーマーだったな。
Smooth Criminalの斜めになる仕掛けがいまだにわからない。

My favorite Michael Jackson.
- Man in the mirror
- Heal the world
- Bad
- Thriller
- Eat It

あ、Eat it は・・ Alさんのか。

安らかに・・

Napster now : Human Nature / Michael Jackson
[PR]

by cageseye | 2009-06-28 00:32 | music

千の風をあつめると   

なんとなく、iTunesにある千の風を集めてみた。 すべて iTunes music storeからダウンロードしたものだ。


あれ、秋川雅史がない。。まいっか。iTMSにないんじゃしょーがない。
a0071783_1545014.jpg

[PR]

by cageseye | 2008-08-10 15:40 | music

feat.   

最近、アーチスト名として、「歌っている人 feat. 別のアーチスト」 というのが多い。

iTunesの仕様の問題もあるのだが、曲の情報でアーチスト欄に xxxx feat. xxx が入ると別の人になってしまい、管理上というか検索するときにいろいろ面倒。

feat. (featuring) しているのは 曲の話だとおもうのだが、この曲を歌うときは 私はfeaturing xxxx 別のアーチストです。とでもいうのか。

iTunesの項目としてアルバムアーチスト という欄があり、そちらには単独アーチスト名が書かれることが多い。が選択するときはそちらではなく、曲単位のアーチストになるのでそこが問題なのかもしれない。

feat. ではなく、佐藤竹善などは 一緒に歌っている人がたくさんいて、アーチスト欄の内容がばらばらでどうにかしてほしいものだ。

じつはiTunesには スマートプレイリストを作って解決しているのだが、iTouchにはなぜか作れない。

これもiTunesになって一覧で見れたり自由に絞り込みができるようになったので、困るだけで、昔はCD一枚づつ聞いていたので問題にならなかったんでしょうなぁ。

iTunes : 青山テルマ feat. Soulja / そばにいるね
[PR]

by cageseye | 2008-04-14 01:19 | music

男女   

「男女」という曲がネットで流行っているが、なかなかのりの良いポップな曲である。

最先端をゆくわたくしめは早速カラオケで歌ってみたが。

踊りながら歌わないとちょっとなさけないということが分かった。

「男女男男女男女」♪♪

まったく意味のない歌詞があたまからはなれないなぁ。

ということで、iTMSしてみた。

iTunes now : 太郎 / 男女
[PR]

by cageseye | 2008-02-15 02:20 | music

iTunes 7.6から曲が消える   

1月にiTunesのバージョンが7.6に上がったのですぐにアップデートして使っていたのだが。

なんか変だぞ。

聴いていると一覧から消えていく。
さほど気にしないでしばらくほっといたのだが、今日は曲をダブルクリックするとその場で消えていく。

ひえー。

えらいこっちゃ。ファイルが消えたか。iTMSから購入したやつなのか。
と、いろいろ試していくと、どんどん消えていく。
うーん。これはおかしいぞ。

WEBで調べてみると iTunes 7.6からジャンルを日本語に勝手に変えてしまうことがわかった。

pop -> ポップ
Jazz -> ジャズ
Classical -> クラシック

せっかく、ジャンルを英語に統一していたのに・・・

それもアルバム毎ではなく、その曲を聴き始めた瞬間に切り替わるので、ジャンルで絞込みをしている、ひとつづつ消えていく。おまけにその曲は再生されない。

こりゃバグだな。
これだとジャンルがばらばらになってしまい全曲聴かないとそろわないではないか。

なにしろ、全曲聞くのに、26日と18時間49分12秒かかるのだ・・ たいしたことはないといえばないが。。

さて、一気に変更するにはどうすればいいよいのか・・・

もう少しほおっておこう。

iTunes now : Art Blakey / Moanin'
[PR]

by cageseye | 2008-02-02 19:54 | music

オープンチューニング   

年末になぜか買ったTAB譜付きの押尾コータローの楽譜。別に一念発起するつもりはないけど「オアシス」の出だしだけ弾きたくなったのだ。

オープンチューニングをするのは初めてなので、あれ、どうするんだろう?!
10分ぐらい考えていたが、簡単な解説があり、そのとおりにやってみた。とりあえず出来たが戻すときにまたこまるなぁ、とかおもった。

しばらく弾いて、音がずれてきたのでもう一度あわせようとしたら・・・・

4弦が切れた。

終了~
[PR]

by cageseye | 2007-12-31 23:58 | music

村冶佳織 in 延暦寺   

NHKの音楽番組で村治佳織が比叡山延暦寺で演奏した放送がBlogやアルバムの評価コメントなどで評判がよく、再放送があるかをワッチしていたら運よく録画に成功。

いいねぇ。どくとくの雰囲気がありますなぁ。

ちょっと演奏が荒かったりしましすが。NHKのカットわりなどは、たしかに評判どおりよかった。

2004年当時のTransformationsからの曲がほとんどだった。

たまたま、このTransformationsに入っているヘイジュード(武満徹編)を最近繰り返して聞いていて、ついでにギター譜まで取り寄せてさわりだけ弾いてみたりした。
さわりと言っても1音目を弾いて、2音目でわからなくなった。(笑)

で、実際の番組で生演奏と指使いを見て感激。

ゲットゲット。。運指ゲットでウンシッシッ!(笑)。

と、みたはよいけど、弾けません・・・ orz....

iTunes now : 村治佳織 / Hey Jude (Transformations)
[PR]

by cageseye | 2007-11-25 01:28 | music

カバーの時代   

最近、男性シンガーが古いヒット曲を引っ張り出してきてカバーアルバムを出すのが流行っているようだ。

「徳永英明」がVOCALIST 3枚累計で200万枚売れてしまったものだから。

「山崎まさとし」が 邦楽と洋楽のカバーの2枚を同時にリリース。邦楽側に、な、な、なんと、「ケンとメリー」を発見。とりあえずiTMS GET!!

佐藤竹善は「Cornerstone」4枚目をリリース。
2枚目、3枚目は無難にポップスなど入り混じってバランスがよかったが、今回のアルバムの1曲目にはチャゲアス初期の名曲「万里の河」。2曲目がGAOの「さよなら」・・・ うーん。

サヨナラはいいとして、「万里の河」はないだろう。。SAY YESじゃなくてよかったけど。

とにかくアレンジが悪すぎ。歌い方も雑・・、カラオケ屋で録音したのそのままつかったのかなぁ~。とまではいわないけど。

と、いいながらしっかりiTMSでダウンロードしている自分がいたりするのだが。

みんな新しいメロディーがでてこないんだろうねぇ。。ポップスのクラシック化ってやつかなぁ。
いい曲はいい、ということで。

iTunes now : 山崎まさとし / ケンとメリー~ 愛と風のように。
[PR]

by cageseye | 2007-11-21 01:34 | music

アランフェス協奏曲 第一楽章 on Napster   

Napsterで アランフェスを検索してみるとでるわでるわ、いろいろなミュージシャンが、いろいろな楽器やアレンジで。歌あり、ジャズあり、ピアノあり、トランス?あり。。なんでもありか・・
もちろんそのほとんどは第2楽章の Adagio。 ちょっと見300種類ぐらい?

そこでツーの私は、第一楽章だけをリストに入れてみた。村治佳織の2種含めて26種類あった。


ぜんぶ流すのに160分ほどだ。

いまいちの演奏もあれば、渋い演奏もある。早いのがあればスローもある。

村治佳織の新録音は6分25秒もあり一番長いほうだった。

ギターだけのアレンジもあったりで。聞き比べると新たな発見があり面白い。


Napster now : Paco de Lucia / Concierto De Arnjuez: 1. Allegro Con Spirito
一番早い演奏。早いのだが緻密。右手に指が10本ぐらいあるんじゃないかぐらいの技巧派。
[PR]

by cageseye | 2007-11-07 11:56 | music