ジョロキア   

一番辛いというハバネロはだいぶ認知された気がするが、
それよりも辛いトウガラシが最近でてきたらしい。

「ジョロキア」 それを製品にしたのがこれ。


口に入れただけで、咳こみそうになる。へたに咳をすると危険。

やばい食べ物である。

以下、東ハトのサイトからコピー。
===
ジョロキアは、インド北東部、アッサム地方原産の「新・世界一辛い」トウガラシです。正式名称は「Bhut Jolokia」(バフット・ジョロキア)。現地の言葉で「幽霊のトウガラシ」という意味もあります。

かつて、世界で最も辛いとされたトウガラシはハバネロのレッドサビナ種で、その辛さの指数は約577,000スコヴィル。ハラペーニョの約80倍辛いとされ、日本でも、激辛ブームの火付け役「暴君ハバネロ」で急激に認知されました。 しかし、このジョロキアはハバネロを遙かに超える1,001,304スコヴィル!2007年2月にギネスブックから「世界一辛いトウガラシ」と認定されています。
[PR]

by cageseye | 2007-11-27 00:19 | memo

<< チーズ半額 クリスマスイルミネーション -... >>