森の時計   

旅の途中で寄った喫茶店ですが、
カウンターに座ると、そこにはピクチャーウインドウが・・ a0071783_2324074.jpg

すばらしい...珈琲ミルが整然と並んでいるのがなんとも優雅。

カウンターの横の壁を見ると、こんな額が。
a0071783_2324279.jpg


そして、全体。
a0071783_2323201.jpg


そうなんです。

今回の旅の目的は、「かに」でも「うにいくら」でも、クラーク博士でも、ガラス細工でも、ケンメリでもラベンダーでもなく、

「森の時計」

だったのです。

宿はしっかり「新富良野プリンス」でした。

2泊してチェックアウトの前に「森の時計」に行きました。
事前にフロントに聞いていたので、10時開店より早めにお店に向かったがすでに行列が・・。

開店後、順番に通されて、ぎりぎりカウンターに座ることができた。

カウンターだと自分で豆を挽いて、香りをたのしみ、ネルドリップで淹れてくれます。多少解説も聞けたりして。

テーブル席は待ちはないですが、普通のペーパードリップで値段は同じ520円。

ネルドリップは都内でもなかなかないし、手間がかかるから値段もぜんぜん高かったりするのだが。。 淹れてくれた人が女性で、相当上手、激美味でした。

他のお客さんは、珈琲の味もそっちのけで、デジカメ撮りまくり。

「おーい。ネルドリップだぞー・・・わかってますかあー」。

「ゆっくり時を刻む」という感じではなかったが、雰囲気は十分堪能できました。

店の中ではドラマのサントラが流れていて、これまたいい感じ。

iTunes now : 平原綾香 / 明日 ← やっぱりiTMSしてたりして。
[PR]

by cageseye | 2007-07-16 23:31 | memo

<< 2年目 突入 3日目晴れたー >>