千の風ぶーむにのって、   

いまさらながら、「千の風になって」がマイブーム中

きっかけは、NapsterのTop画面内でお勧めとして「キャサリン・ジェンキンス」が取り上げられていて目に留まったから。
べつに美人だからというわけではなく、女性ボーカル系はとりあえずチェックするのだ。

「千の風になって」として取り上げられていたわけではなく、「セレナード」というアルバムに「千の風になって」が入っていたで、それを聴いたわけだ。

聞いてみると、おやおや?、日本ではやっているバージョンとアレンジが違うような気がするぞ。
他のバージョンもないかと検索してみると、テノール歌手の新垣 強 氏のバージョンが見つかった。
こちらもダウンロードフリー(Napsterで1280円で契約しているので)だった。 20回ぐらい聞いた。

なるほるほど、NHK紅白にもでてオリコン一位でブレークしてしまった、秋山 雅史 さんよりも 素朴でよい気がする。

さらにググってウィキったら、 新井 満 氏による作曲であることがわかり、それが海外にわたったということなのかな?(キャサリン・ジェンキンス)、これは海外でもブレークするに違いない。

さて、自称ミュージッシャンの私としては 他の人のバージョンもダウンロードで聴けないかと、チョー久しぶりに iTunesを立ち上げてみた。去年の夏ぐらいはさんざんお世話になっていたのに・・
Napsterに加入してからはiTunesはほとんど使ってない状態です。

するとすると、3名がリストされた。早速、「ちょい聴き」 してみたが、よくわからなかったので、
ダウンロード購入をして聞き比べてみた。(ちなみに新垣強はiTunesにはなかった。)

綾乃ひびき、宗田舞子、中島啓江 の3名
*もうひとつ彩乃かなみ というのがあったがこちらは 宝塚歌劇団ライブの中の一曲

それぞれアレンジが違っているのと、解釈の違いか、ずいぶんと明るく歌ったり、暗く歌ったり。
結局 私の好みとしては 女性物なら、綾乃ひびきさん。トーンが高くて明るく素直に歌っている。
それより 新垣 強バージョンのほうがいいな。
秋山 雅史さんのは 大げさに歌うのでちょっといやらしいなあ思っていた。(たけしの誰でもピカソにて)

まったく関係がないが、
iTunesのStoreを見たら YMOがバナーで出ていたのを発見。
昔のライディーンという曲だがCM用の新録音でさらにダウンロードでしか買えないというので即ゲット。

これまた関係がないが、
ついでにダウンロードチャートに 中島みゆき が入っているのを発見。
なんでだろうと思い、「ちょい聴き」してみると、TOKIOがヒットさせている 宙船(そらふね)ではないか。
TOKIOはかなり怒鳴って歌っているが、中島みゆきも負けじとかなりの怒鳴り具合。しかしヒットしたらセルフカバーする戦略は相変わらずですな。。
でもって、こちらは「ちょい聴き」のみ。

というわけで、久しぶりに、
iTunes now : 綾乃ひびき / 千の風になって
[PR]

by cageseye | 2007-02-14 02:09 | music

<< 西麻布 Garo 西麻布ランチ - El Gaucho >>