Synergy   

複数のPCがあり、モニターが一台の場合に、キーボードとマウスも1セット分にして切り替えながら行う機器で通称KVM(Keyboard,Video,Mouse) と言うのがある。1万円前後で4台のPCをつなげるものがある。仕事ではよく使うし、2台の場合でも2台用のKVMはそれなりに使える。たとえば経理の担当の方が、通常のPCとは別で銀行振り込み用にBANKPCを持っている場合があるが、普段は使わないので、モニターもキーボードも共有するという使い方。裏PCみたいで、セキュリティ的にもよい。

しかし時代はマルチモニターが普通になってきて一台のPCに2台のモニターもよいのだが、複数のアプリを立ち上げることになり、CPUパワー的にも結構きつくなる。

複数PCにそれぞれのモニター。キーボードとマウスは1セットとしたいところだが、KVMだと切り替え時にアクションが必要になる。CTRLキーを2回押すとか、SCROLLキーを2回押すなどKVMによって違いがあるが、いったりきたりする場合は、結構煩雑。

一台のPCにマルチモニターの場合は、そのままモニター間をマウスで行き来できるわけだが、
これと同じことをFreeソフトを使って実現ができる。

*ちなみにMACは15年前から普通にマルチモニター環境だった。家庭用TVにつないだりして。 Windowsは以前はCADなどの特殊用途やゲーマー向けの高価なグラフィックボードを持ってい場合に限られた。またはXPになってノートブックでは外部モニターを接続すれば、マルチモニター環境は作れたが所詮2画面まで。

フリーソフトの「Synergy」 は 一台のPCをマスターにして、それ以外を接続されるPCとセットしてそれぞれのPC名をセットして立ち上げておくと、あれ不思議、マウスが行ったり来たり。キーボードもアクティブのウインドウでしっかり動作する。

これは快適だし、相当使い勝手がよい。 WindowsとLinuxともつなげられるので、
広いマルチPC、マルチOSのシームレスデスクトップ環境がいとも簡単に実現できるのだ。

Today's software : Synergy
[PR]

by cageseye | 2006-10-16 23:59 | IT/Computer

<< 練習3日目 ギター キターッツ♪ >>