リッチな時間   

コーヒーは好きである。

喫茶店のカウンターに行って、目の前で入れてくれたコーヒーを飲むのも嫌いではないのだけど、珈琲専門店は例外なくタバコがOKというか推奨しているぐらい煙がただよってくる。雰囲気はわかりますがね。私は嫌煙家(犬猿科?)なので自宅でコーヒーを。

コーヒーポットでお湯を沸す。
豆を挽く。
お湯を注ぐ。浸して1分待つ。
続きのお湯を注ぎ香りたたせる。
カップに注ぐ。
音楽を聴きながら飲む。

こちらのほうがリッチなコーヒーの飲み方だと思う。

豆は旧中山道の商店街にある、ロースターを持っている珈琲工房アンレーヴのがお気に入り。オリジナルブレンドがおいしいしネーミングもいい。「緑宿ブレンド」、「夢ブレンド」、「香りブレンド」など。
昨日も犬の散歩のついでに買いにいくことにした。歩くと15分以上かかる。
a0071783_11411170.jpg

縁宿200gと香100gを買った。いつも多めにしてくれるか、新しく入荷した豆があるとサービスしてくれ、解説もしてくれるのがラッキー。

昨日の頂いたのは「ドミニカカリビアン」、キリマンジェロなどと同じ場所から取れているとのこと?早速 飲んでみた。なるほどちょっと酸味があるな。

「縁宿ブレンド」が深みがあるがマイルドなので好んで飲んでいる。

today's music : 井上陽水 / コーヒー・ルンバ
[PR]

by cageseye | 2006-07-03 11:44 | eat-in

<< 4つの画像 あらためまして。 >>